料理の盛り付けにも気をつかう

盛り付け

まず、大切なダイエットレシピは、咀嚼できるものを作るということです。

 

人間は、咀嚼することによって満足感を感じることができます。

 

そのため、咀嚼しなかったら、満腹感を感じることが薄れているため、すぐにまた、食べたくなる欲求が生まれるのです。

 

しっかりと咀嚼できるダイエットレシピが、必要です。

 

咀嚼できるものとして私は、食材から選んでいます。その食材は、硬いものにしています。

 

それも野菜中心に硬いもので、ダイエットレシピを作ります。

 

その中の一つに野菜サラダであれば、いろいろな種類を入れます。

 

それを何種類か入れることによって、食べるときに咀嚼が多くなり、満腹感を味わうことが大切です。

 

主に根菜類を入れると、硬いため咀嚼をすることになります。

 

またダイエットレシピで大切なことは、盛り付けで満足するようなレシピであることです。

 

これは、多くのものが入っているように、盛り付けることです。そうすることによって、目から見たときに、満足するのです。

 

私の場合は、大きなお皿にふわっと、盛り付けるようにしています。そうすると、沢山の量が入っているような目の錯覚を起こし、満足するのです。

 

ですから、ダイエットレシピの食材として、野菜の中でも重量が軽いものが必要です。

 

それを料理の下に敷いたり、上にふわっと盛り付けたりします。

 

見た目も綺麗で満足することができます。

 

そして、その料理は、時間をかけてじっくり頂くようにしています。

 

これも時間をかけることにより、満腹中枢をじっくり刺激することができ、次に何か食べたいという気持ちが薄れてくるのです。

 

またダイエットレシピで大切な食材は、色が沢山あることです。

 

沢山の色を使って作るようにすると、見た目が鮮やかで美味しそうに見えるからです。

 

せっかく作った料理が美味しそうになかったら、食べても満足しません。

 

人間はこのように、5感で料理を楽しむため、私は、この5感をうまく意識してダイエットレシピを作ることが必要と考えます。